養殖されているすっぽんについて

養殖されているすっぽんについて

養殖の基本は人口的に該当する生き物が成長しやすい環境を作る事にあります。
つまり季節に左右されず、年中成長しやすい環境を作って、旬な時期を作り上げていくという形になります。
養殖は人工的に対応するので、天然に比べて劣る所もありますが、あまり違いはないとされています。

そんなすっぽんの養殖で大事な部分は天然の溜め池とコンクリート性である池を使用して、より理想的な環境を作り上げる事にあります。
通常の亀と違って、水槽の中で養殖していくのは難しい生き物となっているので、養殖を上手く行っていくには、いかにしてすっぽんが望んでいる環境に近づけるかという事になるんですね。
ボイラーを使用したり、電熱を使用したり、温泉の湯を使用するなど、一定の温度を保つ加温養殖と露地養殖を繰り返して一年を通じて成長しやすい環境を提供していくので、手間がかかる作業が多いようです。

通常の家庭でこの養殖をしようとすると費用の面で底をついてしまいます。
こうして大事に育てられた養殖のすっぽんが料亭などに出されて、私たちは食べているんですね。
本当にありがたい事です。
すっぽん料理は料亭で食べることが一般的ですが、お取り寄せして自宅で調理することもできます。
自宅だと料理人さんはいませんので、自分で捌くことになりますよね。
こちらにすっぽんの捌き方が載っていますので、参考にして調理してみてください。

一年を通じてすっぽんが食べられるのはこういった養殖の環境を人工的に作られているからで、高級食材とされているのも納得です。
すっぽんを食べるときは感謝を忘れてはいけませんね。