すっぽんが持っている噛み付く力

すっぽんが持っている噛み付く力

すっぽんに噛み付かれると離してくれないという言葉よく聞くと思います。
これは外敵から身を守るためにすっぽんが持っている特徴なのですが、実は歯がないので噛み付かれても痛くないとされています。
しかし、噛み付いたら離さないという事は本当で、一度噛み付いたら雷が鳴るか水の中につけるかの対応をしないと離れないそうです。

その仕組みからあごには沢山のカルシウムが含まれており、あごの力を強くしているんですね。
歯はないのですがあごの力が異様に強いので、噛み付かれたら食いちぎられるという危険性はあります。
しかし、すっぽん自体は臆病者なので、刺激や攻撃を加えたりしない限り噛み付いたりはしません。
穏やかな性格なので、噛み付く力が強いといっても想像付かないと思うのですが、実際に強いので気をつけて下さい。

このようにすっぽんにはしっかりしたあごを持っているので、噛み付かれると改めてあごの力を知る事になります。
歯がないのに噛み付く力が強いといわれてもまったく想像付かないのですが、それだけあごの力が強いんですね。
栄養素が沢山含まれているすっぽんだからこそ実現できるあごの強さになっています。
すっぽんのあごの強さは本当に凄いんですね。